屋外のLED照明!エントランスアプローチの照明デザイン

屋外のLED照明!エントランスアプローチの照明デザイン

アプローチの照明デザインのポイントとは

アプローチ部分は屋外空間の中でもエントランスに入るために必ず通るメインの動線ですよね。来客や住まう人を迎える光というのをテーマに照明デザインの検討をおこないましょう。奥まった部分に壁面や樹木があるときには、地中埋め込みのアッパーライトやスポットライトをつかって鉛直面をあかるく見せる手法が有効で、屋外の暗い空間では視線の先の鉛直面が明るいと安心感を与えてくれます。また、アプローチの入り口となる門塀に表札用の照明をつけるなら、それほど強い光は必要ないのでコンパクトなLED照明を使用するといいでしょう。

演出と安全面を同時に

アプローチに沿って壁面や立ち上がりがあるときには、フットライトを等間隔に配置して明るさを確保するのも有効な手段ですよ。階段がある場合にはステップごとにLEDを使用した小型のフットライトを設置すると面白いでしょう。また、階段や段差には、LEDのライン照明を使って、間接照明を設置するのも効果的になります。演出的な効果だけでなく、段差を明るく照らすことで安全面にも配慮したデザインです。また、使用するLEDは必ず屋外用の防水性能に優れたものを使いましょう。

インジケーターでリズミカルに

LEDインジケーターは地面や壁などに設置して発行面の輝度を見せる照明で、空間のアクセントとしてよく使用される照明です。小型の埋め込み照明ですので、階段やアプローチのサイドに等間隔で埋め込めば、リズム感が生まれた演出ができますよ。ほかにも、フットライトが設置できないようなところには、ボラードが役に立ち、ルーバータイプや間接照明タイプのようにランプが直接みえないタイプをつかうと、適度な明るさを確保できるでしょう。

ledパネルは一般的な看板よりも軽量で薄いことから簡単に扱うことが出来る利点があります。その一方で衝撃や振動に弱いので、破損しないように丁寧に扱うように心がけます。